キース・エマーソンさんのこと

keith_sign001

キース・エマーソンさんの突然の訃報。

その昔、シンセサイザーのメーカー、株式会社コルグさんが下高井戸にあった頃、僕は、ボイシング課という部署で、シンセサイザーの内蔵音色を作るお手伝いをしていました。

当時発売の新製品の宣伝関係のため、キース・エマーソンさんが来社されたのですが、その際に、PR課にいた知人に頼んで、サインをいただきました。

サイン色紙とか持っていなかったので、使っていた楽譜ノートに書いていただいたのですが、Cheersという言葉とサインと一緒に、手書きの音符が書いてありました。

Cheersって、そういえば、キース・エマーソン先生、昼間っから、お酒の匂いしてたって言ってたなあ。まあ、日本に観光にいらしてるんだし、ハッピー感出てます。

とはいえ、さすがミュージシャン、五線譜を見ると音符を書いてしまいたくなるのかな?

いやあ、このノートは僕の宝物だと、ありがたく感じた事を思い出しました。

キース・エマーソンさんといえば、プログレ界の大御所として、知らない人はいない偉人ですね。

またひとり、伝説のヒーローが逝ってしまいました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

カテゴリー

最近の投稿

代表挨拶

ご訪問ありがとうございます!
代表取締役:清水 一寛
代表挨拶
社長ブログ
My History


次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中